カメラ配置

エスカレーター

カギや錠前はドアや窓などの出入口などを誰でも開けられないように固定する働きがあります。
盗聴器発見器にはその名の通りに盗聴器を発見するためのグッズのことです。
では、防犯カメラは何をするためのものか説明します。
防犯カメラは基本的に犯罪を記録するためにあると思われていますが、それだけではありません。
実は他の機能としてもうひとつとの効果があります。
2つの効果を同時に発揮できるような設置場所を考えることが重要です。

防犯カメラのもうひとつの機能は犯罪を未然に防ぐためにあるということです。
犯罪者にとって防犯カメラは脅威であり、防犯カメラが存在するというだけで大きな効果を発揮できます。
具体的には、泥棒に入ろうと思った家に防犯カメラがあり、カメラがコチラをずっと写していると不安とストレスを生んで、集中力がなくなり、結局犯罪に至らすに逃亡するパターンが多いということです。

この減少は心理学的にも正しいことが証明されており、犯罪者が犯罪をする時に以上に防犯カメラがあることで以上に高揚した精神状態になって、人は誰でも神経過敏になるか、純麻になるかのどちらかになります。
神経が過敏になるタイプの人は防犯カメラに見られていると意識してしまうだけで、恐れをなしてしまうのです。
なので、防犯カメラを設置する場合にはこれらの効果も発揮できるような場所に設置しなくてはなりません。
防犯カメラには実はカメラの機能がついていないニセのカメラもあります。
外見はカメラのような素材でできていますが、実はハリボテで録画する機能はなく、心理学的に2つ目の機能を利用した防犯グッズになります。

設置する防犯グッズ

ロッカールーム

防犯グッズはたくさん分類分けすることができますが、今回は持ち歩くことができるグッズとどこかに設置するためのものがあります。
持ち歩くことができるグッズとは一般的に携帯用のグッツで、種類もたくさんありますが、護身用のグッズです。
これは防犯ブザーや催眠ガススプレーなどのようなものがあります。
これらはカバンやポケットに常に忍ばせておくと、事件やトラブルに巻き込まれそうになったときに、不埒者に向けて噴射したり、ピンを抜いたりして使います。
そうすることで襲ってくる敵から身を守ることができるのが、持ち歩くことができる護身用のグッズです。

反対に持ち歩くタイプのグッズではなく設置するためのグッズがあります。
代表的なものは犯罪抑止や犯罪を記録するためのグッズ、防犯カメラがあります。
防犯機能があるカギをつけることも、少し分類することが難しいのですが、設置するためのグッズという分類でしょう。
また、盗聴器発見器などは持ち歩いて使うことができるものもありますが、最終的には部屋の中で使うためのグッズなので設置するためのグッズという分類で間違いないでしょう。

犯罪を防止する

高層ビル

基本的に警察は何もされていなければ動いてくれないという話があります。
少し昔では各地でストーカー事件が頻繁に起こり、人が次々と殺されていましたが、警察はやはり、何かあってからではないと動きません。
これは何も起きていいなければ民事不介入という不思議な理論で法律や警察は何もすることができません。
現在ではそのような面が少しだけ改善されたように感じるか、変わらないように感じる方も多くいます、なので自分の身は自分で守ることが重要です。
つまり、防犯のための心構えをすることが大事なのです。
防犯するには防犯のためお役立ちグッズを知って、それについての使い方を理解して、実際に使いこなせるようになってから初めて防犯することができます。
具体的にやることの例として、部屋の泥棒や変質者に侵入されないように出入り口全てにカギをかける、盗聴器を発見するためのグッズ、盗聴器発見器を設置したり、防犯カメラの導入してみたりなどを考えることです。
このことをしっかり考えると行き着く先は防犯=自分の身は自分で守るということです。